健康や美容にサプリメントを有効活用しよう

そもそもサプリメントとは?

最初に栄養素を確認しよう

まず、サプリメントを購入する前に、パッケージの裏をよく見る習慣をつけましょう。
商品パッケージの裏の原材料表示には、原材料は多いものから順番に表記するというきまりがあります。
より高バランスな健康に近づくためには、自分の日々の食生活で不足している栄養素が多く含まれているサプリメントを選ぶのが重要です。

また、裏の原材料表示を見て、最初のほうに、食品名とは思えないような名称の成分や添加物、糖類などが並んでいることがあります。
その場合は、栄養素よりも添加物や賦形財の割合の方が多いサプリメントであるといえます。

ほかにも、「ビタミンB2」のように、栄養素の名称が直接書いてある場合もあります。
これはサプリメントに限らず、あらゆる食品に共通しますが、原材料に栄養素の名称が表記されている場合は、合成原料です。

食品の一部として、日常的に摂取するためには、できるだけ合成原料のものは避けるとよいでしょう。

適切な加工方法を経ているか注意しよう

合成原料か天然原料かは、パッケージの表示で判断ができます。
天然原料は、より自然の食材を食べるのに近い形で摂取することができるので、体内での消化や吸収において、合成原料より優れています。

しかし、天然原料であっても注意すべきことは、栄養素の多くは、熱に弱い性質があるという点です。
そのため、高温や高圧がかかる製造方法だと、栄養素が変性してしまう可能性があります。
熱処理や圧縮工程のあるタブレット型よりも、ハードカプセルやソフトカプセルのほうが、製造中の成分劣化を防ぐことが出来ます。

このように、加工方法や製造方法が適切かどうかの判断も、サプリメントを選ぶ際には重要です。

しかし、製造方法はパッケージには表記されていないので、製造法や、最終製品での栄養成分分析を確実に行っているかどうかを、商品メーカー側に確認しておくと安心です。