健康や美容にサプリメントを有効活用しよう

サプリメントの添加物には注意しよう

添加物量に注意しよう

本来、サプリメントを作る上で、必要な添加物は次の2つです。
粉の流動性を向上させるものと、粉の凝固性を向上させるものの2種類で、前者は主にハードカプセル型、後者は主にタブレット型の製造に不可欠だといわれています。

つまり、市販のサプリメントの原料として非常に多く使用されている、着色料、甘味料、保存料、香料といったものは、本来は必要ありません。

また、添加物の種類だけでなく、添加物量も重要です。
サプリメントのパッケージをみると、1粒あたりの重さと、配合栄養素の量を確認できます。

自分の健康と美容のためには、できるだけ添加物量が少ないものを選んで摂取することが大切です。
サプリメントの購入の前には、必ずパッケージをチェックして、サプリメントの栄養素や添加物を確認しましょう。

効果的にサプリメントを利用しよう

サプリメントは健康食品という分野に属する製品です。
あくまで食品ですので、最終製品としての確実な効能を保証できるものはほとんどありません。

しかし、使用している原材料のなかで、ビタミン、ミネラルについては、研究が進んで、効果に関する一定の保証はありますし、特定の疾患への効果が証明されているものもあります。

例えば、栄養補助を推奨されている疾患には、白内障予防やがん予防のための抗酸化栄養素、心臓疾患に対するオメガ3系脂肪酸などがあげられます。

このように、栄養補助という面で、サプリメントの活用は非常に効果的です。
栄養素の割合や、医薬品との併用、添加物過多に十分注意して、適切な方法でサプリメントを摂取しましょう。